About

StoryStory

「時速5キロは遅すぎる。せめてジョギングくらいのスピードでないとニーズはないだろう」
2017年9月、深夜の会議室。
こうして僕らは、時速7~8キロでの自動運転を想定した走行実験を行うことになった。
実験機は魚市場などで走るターレットトラックに、ウィンドサーフィンのバーを装着したもの。
もちろん自動運転ではなく有人走行。イメージは、ごみ収集車の後ろにぴょんと乗り降りする兄ちゃんだ。

被験者達がその兄ちゃんばりに、
自由に乗り降りする実験シーンに思いを馳せていた。
ところが実験当日、時速7~8キロで走行させると
誰も自由に乗り降りしたがらない。

怖いのだ。
オープンで背もたれのない乗り物で時速7~8キロは速すぎる。
カーブでの遠心力も強すぎる。

そして、僕らは徐々にその速度を落としていった。
時速5キロ、3キロ、2キロ、1キロ、と。

遅くなるほど被験者は自由に動く。
乗り降りはもちろん、
スマホで写真を撮ったり、コーヒー片手にひと息ついたり、ボーっとしたり。
「いつもの道だけど、こんな所に緑なんてあったかな?」 なんて
会話まで聞こえてきた。

移動体の価値は、
「目的地までいかに速く到達できるか」。
そんな当たり前の至上命題ですら
完全ではないと思えた瞬間だった。
多くの場合、先人達が積み上げた価値に
基づいて、僕らは価値を判断する。

移動体での新しい体験価値と言いつつも、自動車や鉄道が
無意識のうちにバイアスとなってしまっていた。

移動体の価値は、
「目的地までいかに速く到達できるか」。
そんな当たり前の至上命題ですら
完全ではないと思えた瞬間だった。
多くの場合、先人達が積み上げた価値に
基づいて、僕らは価値を判断する。

移動体での新しい体験価値と言いつつも、自動車や鉄道が
無意識のうちにバイアスとなってしまっていた。

Gekidan iino

チーム、ゲキダンイイノ

僕らが対峙している「歩く速度の世界」に宇宙のような深遠さを感じつつ
(一方で、蓋を開けると水たまり程度の奥行しかないのかもしれないが)、
iinoというプロダクトを世に出すところまで来ることができました。

これからも、これまで同様に幾多の難題を目の当たりにするでしょう。
しかしその度に、僕らが時速5キロの世界に感じる深遠さと、実験する中で得られる
新しい発見への喜びを原動力に、走るその場所の持つ魅力を引き立て、
そして乗る人のエモーションを静かに掻き立てることに、持てる力を余すことなく
ぶつけていきます。会社というよりも劇団というほうがしっくりくるこのチームで。

ご協力いただいている全ての方への心からの感謝を胸に、ゲキダンイイノへの
皆さまのご期待に添えるよう、時速5キロで進んでいきます。

ゲキダンイイノ 一同

Company Info

会社概要

  • ゲキダンイイノ合同会社
  • 〒530-0005
    大阪府大阪市中之島 3-6-16関電ビルディング3F
  • 嶋田悠介 北田剛士 他
  • 設立
    2020年2月
  • 資本金
    50,000,000円
  • 事業内容
    時速5キロの低速モビリティサービス
    「iino」の運営

実験センター

  • 弊社実験センターで乗車体験いただくことも可能ですので、
    お問い合わせください。
  • 〒567-0059 大阪府茨木市清水2丁目5-5
    関西電力グループアカデミー 茨木研修センター